ゲームオタクがひっそりとゲームを攻略していくサイト

【ブルアカ】後半絶対に足りなくなるアイテム5選+αの解説記事【先生はタマなし野郎です】

こんにちは、うごかずでら(@dojimahusho)です。

今回は右も左もわからない初心者先生を無事に脱した中級者先生たちに向けた注意喚起記事という名目で書いていきたいと思います。

最初のうちはもうあらゆるアイテムが足りないので片っ端から手に入れていくことになるのですが、中盤から終盤は不足してくるアイテムが大体決まっているんですね。

なので初めのうちから、「このアイテムは不足しがちなんだ」ということを知っておけば枯渇地獄から少しは抜け出せるのではないかと思って記事にしてみました。

中級者先生向けと初めに書いてはいるものの、初心者先生もこれを知っておくことで中盤以降役に立つと思うので是非読んでいってください。



目次

強化珠

中盤から終盤にかけてとんでもないペースで減っていくアイテムがこの強化珠です。

一応、当ブログで紹介した「絶対に優先的に買っておきたいショップアイテムまとめ記事」にも書いてはいるのですが、この強化珠はコツコツ買っておかないと後半完全に育成が滞ります。

序盤のうちはいいんです。

ただ中盤から終盤において、Tierの高い装備品を強化する際に要求される強化珠が尋常じゃない数になってきます。

「強化珠もだいぶ集まったし、言うほど使わないからショップで買わなくていいか」

なんて考えて購入をやめてしまった先生はいませんか?

生半可な数だと完全に枯渇するので、クレジットに少しでも余裕があるのなら買っておくことをおすすめします。

ちなみにクレジットに余裕があれば全ての強化珠を買っておきたいところですが、毎日買っていると金額的にも馬鹿にならないので、その場合は初級と中級を買うのみでも大丈夫です。とりあえず買っておいてください。きっと私に感謝する日が来ます。

うごかずでら

ちなみになぜかこの強化珠などの装備出来ない装備品枠のアイテムは攻撃力が設定されており、その攻撃力は1。



「ヘアピン」と「腕時計」の装備設計図

気が付くと他の設計図はあるのに、この「ヘアピン」の設計図と「腕時計」の設計図はないという状態に陥っています。

それもそのはず、この「ヘアピン」と「腕時計」の設計図は必要とする生徒の数が多く、必然的に枯渇してしまうのです。

もし任務報酬2倍キャンペーンなどで、現状急ぎで周回する場所がないなという先生は「ヘアピン」と「腕時計」の設計図が手に入る任務を周ることをおすすめします(もちろん主戦力の装備強化を優先してください)

ちなみにこれは筆者のアカウントの「カバン」の設計図の数です。

T2「ヘアピン」設計図が2枚しかないのに比べ、同じTier2の「カバン」設計図は640枚と非常に差がついています。

考えて周回しないとこうなってしまうんですね。哀れ

特に腕時計の装備品は最終的に会心値と会心ダメージを上昇させてくれるため、総力戦で上の順位を目指す場合は必ず役に立つ装備です。主戦力の腕時計は必ず強いものにしておきましょう(プラチナトロフィーを目指す場合は、会心が出るまでやり直すことが多いので)

クレジット

現実でもブルアカでも足りなくなるのがクレジットです。

まあレポートも足りなくはなるのですが、おそらく後半になればなるほどクレジットの方が枯渇していきます。

というのもレポートが生徒のレベルを上げるためだけに使われるのに対し、クレジットは生徒のレベル上げやスキルのレベル、装備品のレベルを上げるのにも使用されるからです。

単純に使用箇所が多いのに加え、要求される額もとんでもないのがクレジット。

EXスキルをレベル4からレベル5にするだけで、100万クレジット持っていかれます。

たまにTwitter等でとんでもない量のクレジットを持っている先生がいますが、あれは育成のほとんどを終えてしまった老後資金潤沢先生たちなので気を付けてください。

奴らは私たち貧乏人の敵です。何かの縁でそういった先生と現実で相まみえたときはケツの毛までむしり取ってやりましょう。

これは筆者の体感ですが、総力戦のEXTREMEは比較的楽にクリアできるけどINSANEは歯が立たないくらいになったあたりから、特別依頼報酬2倍キャンペーンでクレジットの方に比重を傾けてもいいかもしれません。

レポート不足は将来的に解消するの?という疑問

残念ながら解消しません。

ただ気持ち的に、クレジットよりレポートの方が足りてくるよね程度です。

特にガチャを結構引いている先生はレポートもまず枯渇してきます。

特別依頼2倍キャンペーンなどでは、レポートとクレジットを4:6、ある程度育成が進んできたら3:7くらいの割合で回すようにするといいでしょう。

まあそれでも足りないんですけどね(ちなみにショップでレポート買うのは正直言うと損です。たけぇんだコレ)

うごかずでら

スキル上げたら秒で億なんて吹き飛びますから調子に乗らず謙虚に行きましょう。



秘伝ノート

前半は基本的に必要のない秘伝ノートですが、中盤から終盤にかけては積極的に回収しておきたいアイテムです。

ブルアカの育成において、EXスキル以外のスキルはレベル9からレベル10(MAX)にする際にこの秘伝ノートを必要とします。

ただこのアイテム、供給量が非常に少なく意識的に回収していかないとなかなか手に入れることができません。

また、一番簡単な入手と言えばイベントの報酬となりますが、安定供給かと言われれば疑問があります。

そこでショップですが、ここの総力戦の欄はレアコイン500枚で1回、総力戦コイン500枚で2回まで交換することが出来ます。

中盤辺りでは神明文字や各学校の育成アイテムが足りないのでそちらを優先してほしいのですが、余裕が出来たらレアコインで1冊だけでも買うようにするのがおすすめです。

総力戦の欄以外で秘伝ノートを買うという選択肢

総力戦の欄以外にも「カケラ(その他)」や「合同火力演習」の欄で秘伝ノートを買うことが出来ます。

まあでも正直なことを言うとおすすめしません。

たけぇんですよ、レートが。

神秘のカケラはそもそも生徒の神明文字に使いたいですし、演習コインは神明文字とかテイラーストーンとかに使いたいですし。

まあ間違っても神秘のカケラで交換すると完全に損なのでやめておいてください。



各学園のBDと技術ノート

もはや一生の課題、生徒が増えてくるにつれてBD・技術ノートも枯渇してきます。

(ちなみに最近は百鬼夜行生徒ラッシュがあったので一気に百鬼夜行の育成アイテムが枯渇しました)

こちらは毎日の指名手配にて回収することは可能ですが、特定の学園のアイテムを狙って入手することができません。

そんな時はテイラーメイドでいらない学園のBDや技術ノートを必要な学園の物に変えてしまいましょう。

交換レートも1:2なので悪くはありません。

特に現状生徒数が少ないレッドウィンターと山海経、ヴァルキューレ辺りは他の学園に比べて余りがちになると思うのでそこらへんをぶち込むのおすすめします。

またスケジュールを最上級や上級の育成アイテムがドロップする箇所に絞って周るのも効果的です。

確率は決して高くはないですが、絶望的というほどでもなく、案外ぽろっとドロップしたりもするので神明文字を狙うより期待値は高いんじゃないかなと思っています。

※課金をしていない人は固有武器の強化素材たちも

今までは学園交流会をマメにやっていないと固有武器の育成アイテムも枯渇しがちでした。

しかし最近では、大型アプデによりマンスリーパッケージとマンスリーパッケージ(ハーフ)を買うことで学園交流会のチケットが手に入るようになったので、比較的容易に育成アイテムを入手することが出来るようになりました。

筆者はYoStarの回し者ではないのですが、上記の課金アイテムはかなりコスパがいいので出来れば買いたいところです。

うごかずでら

これ買ってないとAPで学園交流会に参加しなくちゃならないので正直痛い。



おわり

まあ今回紹介したアイテムは無限に足りません。

ただ、ここら辺が将来的に不足するんだなと意識するだけでもだいぶ変わってくると思います。

筆者はそんなことわからなかったので、ミレニアムの育成アイテムが枯渇し、スケジュールではミレニアムに住む妖精の様な存在になっています。

こんな醜い妖精になりたくなかったら無駄使いをせず、しっかりとアイテムを集めておきましょう。

良ければTwitterフォローお願いします→(@dojimahusho

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • どこまでいってもレポートは足りないんですね
    というか欲しいキャラを引けてもその子を育成中にすぐまた新キャラがくるので
    廃人の方ですら育成するのは推しか強キャラくらいなんだろなというのはやってて痛感しました

    • 初めまして、コメントありがとうございます!

      基本的にどこまで行ってもレポートは足りませんね…

      スキルの育成も込みとなってくると超が付くほどのベテラン先生でも結構育ってない生徒いますし、いかに無駄なく育成していくかがカギになる感じですね

      ちなみに私は結構無駄なプレイが多かったので損をしてばかりですw

      また何かありましたらお気軽にコメントいただけると嬉しいです!
      今後とも当ブログをよろしくお願いします!

コメントする

CAPTCHA


目次